永代供養墓 永代供養墓のご紹介

永代供養墓のご紹介

永代にわたり
当寺が供養します

一般的にお墓は代々と伝わり子々孫々まで守り受け継がれていくものです。
しかし、近年では、少子化や未婚の方の増加、後を継承してくれる子供がいない、また子供がいてもお墓を継承することを
希望しない等の様々な理由により、お墓のことについて悩まれる方が増えてきました。 

永代供養墓とは

自らに承継者がいなくても当寺が責任を持って供養します

永代供養墓は、他にも「合墓」「共同墓」などとも呼ばれています。簡単に言うと、自らに承継者がいなくても無縁墓にならないで、永代に供養されるお墓のことです。
一般的なお墓は、墓石代などがかかったり、供養のためお寺さんを呼んだりと、費用や手間がかかります。
先祖代々守り続けてきたお墓は、できることならずっと守り続けることが出来ればいいのですが、昨今の少子高齢化が進む現代においてはお墓を守ると言う事が簡単にはいかなくなってきています。
そこで、これまでとは異なった形式のお墓、それが永代供養墓です。

納骨檀形式の永代供養墓

当山の永代供養墓は、共同の納骨檀形式で、
住職が責任を持って春秋の彼岸に納骨者のための合同供養を行います。 納骨者については、それまでの宗派は問いません。

納骨檀形式の永代供養墓

永代使用料(供養料)について

御遺骨を17回忌まで納骨堂にてお預かりし、その後合葬いたします。

費用:おひとり様30万円より

上記費用に含まれるもの

・永代使用(供養)料
・納骨時の法要布施
・墓誌の戒名彫刻費

上記費用に含まれないもの

・葬儀費用
・年忌法要・塔婆供養を行う場合の布施